STORKでFONTAWESOME5を使えるようにする方法

スポンサードリンク

めちゃくちゃ簡単…というわけではないですが、比較的簡単に使えるようになる方法です。

事前準備として、子テーマをインストールしている状態にしておいてください。

まずは、この2ステップを踏んでください。これは絶対必要です。

テーマのカスタマイズから、グローバル設定の一番下にあるアイコンフォントの読み込み設定のFontawesomeを読み込まないにチェックを入れて保存。

WordPressのプラグイン新規追加からfontawesomeと入力し、画像と同じものをインストールして有効化します。

https://ja.wordpress.org/plugins/font-awesome/

これでとりあえず準備できました。

FA4の互換を保ったままなら簡単

ソースコードなんか気にしないって人はFontawesomeの設定をいじるだけで大丈夫です。

設定からFont awesomeを開いてこの画面を出します。

Remove unregistered clientsにチェックだけ入れて変更を保存します。

このチェックを入れることで、Fontawesomeの読込されている箇所があればブロックしますって意味です。テーマのカスタマイズから読込しないようにしていなくても、このチェックだけつけてれば大丈夫だと思いますが、念の為テーマ本体から読み込まない設定にした上でこのチェックもつけます。

これでFontawesome4と5のどっちもを生かしたまま使えるようになります。

Fontawesome5だけにする場合

これが少し面倒。まず設定をこうしましょう。

 

設定できたら子テーマのstyle.cssに以下のCSSを追記します。

remodalとshortcodeとslickのCSS部分はfunction.phpにCSSの読み込み順序指定させてなんやかんやできればいいんですが、適応箇所もそんなに多くなかったのでimportantで済ませました。

あまりよろしくないんでしょうけど、まぁいいかなっていう吹っ切れです。

あとは記事内のSNS部分の指定ですね。

テンプレート内のparts_sns.phpとparts_sns_short.phpの2ファイルを子テーマへコピーします。

↓parts_sns.php

 

↓parts_sns_short.php

 

これで作業は完了です。

もしかしたら見落としの箇所があるかもしれません。あったらごめんなさい。

それでは快適なFontawesome5ライフを
(´◉ ω ◉`)ノシ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です