台湾に行ってきました!

スポンサードリンク

台湾ってどんなとこ

海外旅行自体が初めてで、近くて安くてまぁあぁ日本語が通じるところがいいなと思ってたので台湾を選びました。

率直な感想としては、とてもいいところです。日本人に対してすごく優しいというよりも誰に対しても親切に接客していたので片言の英語でもジェスチャーを踏まえればほぼ伝わりました。

ご飯も安いです!観光地で食べれば、いわゆる観光地価格になっていますが、地元の人が通うような場所は観光地よりも比較的安かった印象があります。

しかし、2015年1月現在は円安が進んでいますのでお得感はあまり感じれませんでした。。。

やはり海外旅行をするときは円高の時を狙っていくのが一番いいなと身を持って体験しました。

台湾の勘違いしていたところ

「台湾行ったら何食べる?」
「台湾といったら小籠包でしょ!」
はい。まずこれが行く前の自分でした。小籠包自体は台湾発祥ではないらしいですね。上海が本場だそうで…
でも、台湾の人が上海に旅行に行った際に「本場の味が楽しめる!」と思って行ったわりには台湾で食べたほうが美味しかったようです。

日本人が台湾旅行に行った際に食べる料理はだいたい中国発祥の料理が多く、台湾の家庭でも食べられているような料理とは別物のよう…

そこで、「台湾の家庭料理に近いものが食べれるお店ありますか?」と聞いたところ「鶏家荘」を教えてもらいました。

おかゆのおかわりが無料だそうです!けど1人前で充分すぎる量がきましたw

辛くない麻婆豆腐とさつまいもの葉っぱがとても美味でした!教えてくれた王さんありがとう〜謝謝(´;ω;`)

どうやって行くのがオススメ?泊まるとこは?

今回は格安航空会社で有名なPeachを使っていきました。

スカイチケットを使って安い便を探して予約して〜という流れが一番簡単でよかったです。

宿もすべてスカイチケットから予約を行いました。

まとめて一括で予約できるのでややこしくなく非常に便利でした!

宿自体は本当に安いです。4人部屋のドミトリーならもっともっと安いです。1泊2000円ぐらいでした。

旅行初心者ならドミトリーは少しレベル高いと思います。同部屋の人がどのようなタイプの人かわかりませんので…

実際に泊まった人のレビューなどを参考にしつつどこがいいか選ぶのが無難です。

台湾の携帯事情とプリペイドSIMについて

携帯はみんなスマホ。iPhoneは人気がないのか使用している人は少なかったです。

光華商場に行けば、ASUS製の今一番欲しいZenFoneが安く売られていました。欲しかった…

SIMフリーの携帯を持っているのであれば、空港等でSIMを契約することが出来ます。やっぱり便利です。

料金は、5日間のネットオンリーであれば300TW$でプリペイドSIMが契約できます。

正直なところ、通話はLINEとかFacebookので充分でした。

移動範囲が台北だけなら、中華電信か台湾大哥大のどちらかを選んでおけば間違いないでしょう。

今回僕が台湾大哥大で、同行者が中華電信を使っていましたがどちらも快適でした。

契約するときの大きな差は中華電信の方が日本語が通じる感じですね。

台湾大哥大は完全に英語での対応でしたが、「Internet only, 5days, This cell phone, micro sim」めっちゃ片言ですけど通じました。

「Like to ask the setting」と申し訳無さそうに言ったら設定もやってくれました。ありがとう優しいお姉さん(・ω・)

台湾の交通事情

やはりバイクが多いです。日本人が注意しないといけないのが事故ですね。気を抜いていると轢かれます。割と本気で思いました。

というのも歩道にバイクが入ってくるんだもの。慣れていなかったら驚きます。

これも文化の違いなんでしょうが、人通りの少ないところでの信号はそんなにあてにならないなという印象。もちろん警察がいたらみんな守ってましたが。信号のない場所では必ず周りを確認してから渡らないと危ないです。

5日間生活して思ったのは「事故しなけりゃルール無用」という感じ。タクシーもたまに無茶苦茶な運転見ましたしw

台湾の公共交通機関

主に電車、タクシーですね。バスは利用者が少ない気がします。タクシーの価格もこれでいいの?ってぐらい安いです。

電車(MRT)は、悠遊カードを使うことで正規運賃より2割安く移動することが出来ます。

悠遊カードでの初乗りがだいたい14TW$なので50円弱ぐらいですね。そりゃみんな電車使うわ

タクシーはどこでも捕まえれますし、交差点付近で待機してるとタクシーの人のほうから「乗るか?」とジェスチャーしてくれます。

タクシーを使うときですが、目的地を指定しても通じないことが多々あります。スマホで地図を見せたら大丈夫とは思いますが、一番確実なのが「道路番号を2つ伝えて、その交差する場所に行ってくれ」と伝えるとすぐわかるらしいです。
http://umesakura.jp/20050611021900.html

観光者ならスマホで地図見せたほうが早そうですねw

台湾の屋台やお店について

屋台ではなぜか、ウインナーを焼いてるお店がやたらと多かったです。収益率が高いんでしょうか…

台湾で有名な臭豆腐を扱っているお店もちらほらみましたが、遠くからでも臭いで「うおっ」という感じですw

屋台にも色々な種類があって、食べ物屋さんがほとんどでしたが服を売ってるところやジュエリー関連のものがちらほらありました。

それとふと思ったのが、化粧品店の少なさですね。化粧をする人が少ないのかそんなに需要がなさそうな感じでした。

そのせいもあるのか電車にのっているときなど香水の匂いがすることは無かったです。

日本のようにスーパーがそこら辺にあるわけではなく、ほとんどが食事をするお店とセブンイレブンとファミリーマート。

大型スーパーとして、三越などがある感じでしょうか。

行ってよかったところ

やはり夜市。これですね。これぞ台湾きた!って感じがします。水餃子のお店が多いですが、中でも抜群に美味しかったのが台湾晴光市場にある『水餃』というお店。滞在中に食べた中で一番美味しかったです。
皮がもちもちで、餡は野菜がほぼメインで肉は入ってるのかな?と思うぐらいです。
しかし、食べ始めると10個があっという間になくなるほどにパクパク食べれてしまいます。おかわりしたかった…
10個で50TW$です。

次に新純香茶業。ここはお茶の葉や茶菓子を取り扱っているお茶専門店です。
お土産を買うところと考えてもらっても大丈夫です。日本語の通じるスタッフが多い印象でした。
オーナーの王さんはとても日本語がうまく、親切に接客してくれてこちらも安心して買い物出来ました。
ここでは、お茶の葉や茶菓子を取り扱っているお茶専門店です。舞茸チップスやドライフルーツ、パイナップルパイなどいろいろありました。
蓮の実パイは、このお店だけのオリジナル商品らしいのでいつもとちょっと違うお土産にいかがでしょうか?
蓮の実パイは6個入りで300TW$です。(箱入りだと少し値上がりします)

北投温泉。駅を降りてすぐ硫黄の臭いがもわ〜っときますw
ホテルが多いですが温泉だけも大丈夫です。しかし、タオルを貸し出してるところと、そうじゃないところがあるので受付で聞いておく必要があります。日本語が通じるところは少ないのですが、片言の英語で問題ありませんでした。
温泉自体にどのような効能があるのかは調べずに行ったのでなんとも言えませんが、やはり旅の疲れを癒してくれるのは温泉です。
3日以上滞在するのであれば、一度行くことをオススメします。

ギャンブルについて

台北にギャンブルらしいお店は1種類ですがありました。「台湾彩券」と書かれたお店です。

店内にはPCが数台あり、ナンバーズのような記入用紙があるだけのいたってシンプルなお店です。

やるお金がなかったのでやっていませんが、ほぼ日本のナンバーズと同じだと思います。

台南の方に行けば、まだパチンコ屋が健在しているらしいですが真相はわかりません。

台湾の風俗事情

林森北路に行くとポン引きのおばちゃんにやたらと声をかけられます。歩いていてわかったのですが、高級な一眼レフを持っているとお金持ちだと認識されて余計に声をかけられます。声をかけられたいなら高級カメラを持ち歩きましょうw

他にも露店が女性物の下着やらちょっとえっちぃパジャマ?のようなものが売られているところが多いです。

ちなみにパンツが100TW$ぐらいでした。店によってはもっと安いのかも?

ただ、いろんな人に「おっぱい揉む女の子すっぽんぽん2000元。一発4000元!あなた日本人!お金持ち!」というような感じでしたので円安の今ならそこまでわざわざ台湾で…という感じでしょうか。
台北がこの価格なので高雄の方に行けばもっと安いと思います。

健全な部類としてはKTV。日本で言うとこのカラオケですね。カラオケ部屋に女の子がついてきてわいわい騒ぐといった感じらしいです。料金は日本円で5000円前後。まぁまぁな価格ですが、脱いだりおさわりとかは全くないらしいです。店によってはあるところも…((( ‘ω’ )))

また行きたいと思うかどうか

是非とも行きたい。が、円高のときじゃないと躊躇うかなぁ…

やっぱり海外に行くメリットがお金以上のものがあるなら行きますよ。ただ、観光が主であれば円高の時のほうが恩恵でかいのでそのときまで気長に待ちます。

ただ台湾はすごくいいところなので、本当にお勧めです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です