Windowsパソコン自作しました

スポンサードリンク

MacからWindowsへ

メインで使っていたiMac mid 2011モデル。SSD載せたりメモリ16GBにしたり現役でも十分な働きをしてくれるんですが…

やはりいろんなソフトウェアを使用するにあたって、Windowsのほうが有利なんですよね。

Macが悪いって言うわけではありません。

Windowsのほうが拡張性に優れていてフリーソフトも多く、セキュリティさえがっちりしておけばMacより使えるよなと。

てなわけで久々に自作することにしました。

パーツ紹介

届いたらすぐに開封して組立作業したため…写真がないんですが…

構成はこんな感じです。

マザボ MSI Z270 MPOWER GAMING TITANIUM
CPU Intel Core i7 7700K
メモリ Corsair DDR4-3000 32GB(16GB*2枚)
SSD Corsair 525GB
HDD Western Digital 3TB Blue
グラボ MSI GTX 1080 Ti GAMING X 11G
電源  Silver Stone SST-ST75F-PT
CPUファン  虎徹 SCKTT-1000
追加サプライ  AREA SD-PEU3R-4E
ケース  CM Storm Stryker SGC-5000W-KWN1-JP

かなり贅沢しました。カード支払いって便利ね。

ついつい頼んでしまう。あーあーあーあー請求が怖いぜ。

OSも入れて…おおよそですが、合計は30万円ほど。

もちろんOSはOEM版。Windowsもうちょっと安くならねぇもんかな…

メモリが値段高騰してるときに買っちゃったから悔しい。32GBも必要ないのはわかってたけど欲かいた。

検討してるときと比べたら6000円ぐらい値上がりしちゃったし(´・ω・ )

SSDもちょっと高かったかな。まぁメモリに比べたら許容範囲。

買ったパーツの中で一番感動したのが電源。

フラットケーブルって珍しくないかな?届くまで知らなくて、箱開けて「うお!すげえ!フラットケーブルやん!」ってなりました。

フラットケーブルだとケース内もスッキリするかなーと思ってたけど思い過ごしだったかもしれない。

そこまできれいにならなかった(´;ω;`)

スリーブケーブルのほうがきれいに収まる気がしてならぬ。悶々としてます。

まぁいいよ。高かったし。フラットケーブル素晴らしいです。

予想外の出来事

買う前に調べなかった自分が悪かったんですが、7700Kってファン付いてないのなw

ファン買っといてよかったわ。マジで。

届いた時の箱が軽すぎてCPU入ってないだろって思ったもん(´◉ ω ◉ )

DVDドライブはもう必要ない?

正直、買おうかどうしようか悩んだんです。

必要になったら導入すればいいやと思って買いませんでした。

結果買わなくて正解。

Windows10はUSBメモリからインストールだし、OSインストール時にLANドライバーはインストールされてました。

なので、ドライバーとかは全てメーカーのHPからダウンロードしてインストールしました。

時代は進化してますなぁ。

このスペックの威力

まぁね、言うまでもねぇよ。

速い。ガンガンガン速。

Steamのゲームも難なく動く。

他のソフトも映像制作も余裕。

これだけの金額積んだんだからそれ相応の性能じゃないと困るわ。

SLIする?

しない。必要ない。GTX 1080 tiすげえんだもん。

さすがにフルタワーケースでも排熱がきついと思う。

今のスペックで出来ないことが出てくるのは数年後だろう。

しばらくはこれで十分に戦える。ほんとに十分すぎるぐらい。

まとめ

ハイスペックPCええぞ!!!!!!!!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です