Windows10がスリープ状態から復帰しまくるのを直すやり方

スポンサードリンク

スリープした直後に電源がつく繰り返しでムカついた

作業が終わってスリープさせてベッドインしたら…ピピッ…フォォォォン

寒いのにスリープさせるためにわざわざベッドから出てスリープさせて、ベッドインしたらまたついての繰り返し。

3回目で心折れてシャットダウンした(´Д`)

ということで原因を追求してみたら思いの外、簡単に解決しました。

では手順の紹介。

解除タイマーの許可を無効にする

解除タイマーとはなんぞやというと、WindowsアップデートやDefender、セキュリティスキャンなどXX時になったら実行するみたいなやつです。

とりあえずこれを無効化して様子を見ます。

ではやり方。

Windows10のスタートボタン横にある虫眼鏡のボタンに「電源オプション」と入力して「電源プランの編集」をクリックします。

プランの下にある「詳細な電源設定の変更」をクリックします。

ちっこいウィンドウが出てくるので、「スリープ」→「スリープ解除タイマーの許可」を「無効」にします。

以上で終わりです。

まだ復帰するならイベントビューアーから原因特定しよう

イベントビューアーは、スタートボタンを右クリックしたら出てくるメニューから出せます。

イベントビューアーの中から「Power Troubleshooter」を探します。

Generic USB Hubが原因であることがわかりました。

USBハブが原因というなんともまぁ曖昧な…

とりあえずUSBに繋いでいるデバイスで関係ありそうなものを特定します。

といっても充電ケーブルとマウスとキーボードしか挿してないので…

恐らくキーボードかなと思いました。

原因となるデバイスがわかったらデバイスマネージャーを開きます。

デバイスマネージャーはイベントビューアー同様でスタートボタン右クリックで出せます。

接続しているキーボードをダブルクリックしてプロパティを出して、電源の管理から「このデバイスで~」のチェックを外します。

これで完了です。

スリープしましょう。

まだ復帰するので再度イベントビューアーからやり直し

LANコネクタが原因のようです。

原因は1つじゃなかったと…

あとは流れ作業です。デバイスマネージャー開いてさっきと同様でチェック外してOK。

電源オフにするのは関係ないのでそのままです。

勝手に復帰しなくなった!

これでスリープ状態のままストレスなく寝れます。やったぜ。

なにやらWindowsアップデートで勝手に復帰するようになることがあるらしいので、もしこのような現象になったら試してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA