自分の家にあった無線LANルーターを選ぼう

スポンサードリンク

今の時代となってはインターネットの契約をしていない家のほうが少ないのではないでしょうか?

そんな中でよく聞くのがWi-Fi飛ばしたいんだけどどれ選んだらいいかわかんない。

どのルーター買ってもWi-Fiは飛ばせます(極論)

でもですね、マンションや一軒家、ルーターを置く位置などによって買ったほうがいいルーターは異なります。

なので今回は適切なルーターの選び方を簡単に説明します。

電波の飛び方の種類

まずは電波の飛び方にも種類があることを知っておきましょう。

主に覚えておいて損のないものは、指向性アンテナと無指向性アンテナの2つです。

何が違うのかというと、簡単に説明しますね。

電波を出すアンテナが外に付いてるか内蔵されてるかの違いです。

じゃあこれがどういう違いを生み出すのかということですね。

指向性アンテナについて

指向性アンテナは、アンテナが外についていて様々な角度に変えれるのが特徴です。

こういうやつですね。

このタイプに強いのは、2階建ての一軒家などのタイプです。

電波が弱いなーって思うタイプの場所に向けて電波の角度を調整できるので便利です。

マンション生活が増加傾向に合わせて、今は指向性アンテナのルーターは少なくなってます。

無指向性アンテナについて

無指向性アンテナは、アンテナが付いてないシンプルな形のものですね。

こういうやつです。

このタイプはアンテナが内蔵されているので水平方向に電波がよく飛びます。

このタイプを階建で使うのであれば2台使って中継器として利用するのがいいでしょう。

マンション向きのルーター

もう上で答えでたも同然なので、おすすめ機種貼っときますね。

コスパ優先

11acまでいらないなっていうのであれば安くなります。安い…

安定性優先

安定性を求めるためであればNECをお勧めします。

まぁだいたいこの2機種ぐらいですかね。もう少し余裕があるのであれば、こちらお勧めします。

戸建て向きのルーター

これも答えでたも同然なので機種貼っていきますがその前に少しだけ。

木造やコンクリートによってお勧めな機種は多少なり変わってくるかと思います。

実際に検証できたのが木造戸建てなので、今回のおすすめ機種は木造戸建てでも使える機種になります。

コスパ優先

値段的には安価ではないような感じがしますが、この1つで一軒家をまかなえると考えれば安いかなと。

安定性優先

安定性を求めるなら中継ポイントを設けることですかね。

これ2台買ってやります。

例として出しているだけで中継器を使えばほぼどんなものでも出来るかと思います。

機能面・速度優先

もうこうなれば値段は跳ね上がりますが、安定性は抜群に優れてます。

個人的には次にこれだなって思ってます。5月18日発売のすんげぇやつです。

現状販売されているもので、高性能のルーターはほぼ間違いなくこれですね。

いかがでしょうか?買う際の参考になればと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です