アプリレビューについての評価と考察

スポンサードリンク

僕はiPhoneユーザーなのでAppStoreにあるアプリの評価などを見ていて思ったことを書いていこうと思います。

AppStoreの評価がひどすぎる

ゲームやツール、音楽をタダで聴き放題といったアプリの評価欄を見ると

「クソゲー」「つまらん」「ごみ」

こういうドストレートな言葉で星1を付けているのをよく見かけます。

あくまでも個人の感想でしょ?と言いたくなるわけで。

確かにアプリの評価であることに違いはありませんが、一個人の意見でアプリ自体の総評が下がってしまうのはなんだか残念に思います。

糞ゲーであることを売りにしているものだってあるわけだし…

どうせ星1をつけるんだとしたら、「クソゲー」だけじゃなく、もうちょっと理由をつけたら?と思うのは僕だけかなと。

無料アプリに広告がうざいから星1

なぜだ。

普通に考えればわかるでしょうよ。無料で提供しているから別の箇所で収益を出さないと何のためにリリースしているのかわからない。

テレビだってそうじゃん。タダで見てるでしょうが。CMあっても見てるでしょ。

広告ぐらい我慢したらどうなの?って思うんです。

多すぎたらたしかに鬱陶しいなと感じることもあったりするけど…

多少はね、やっぱり許容範囲ってもんがあるでしょ?

開発者は慈善事業でアプリ作ってるわけじゃないんだよ。

無償で楽しんでほしいからこそ広告を入れることで多少の利益を得て、次のアプリ開発に力を入れることができる。

広告なくす代わりに有償にしましたっていうたら文句言うくせに。って思いました。

日本語がないから星1です

バカか。簡単な英語ぐらい読めるようになれ。

そもそも使おうって思った側が勝手にいちゃもんつけてるだけだろ?

クレーマーにも程がある。

どうしてこうなったのか

iPhoneが手軽に手に入ってしまう端末になってしまったのが1つの要因でしょう。

中学生や高校生、ましてや小学生もがiPhoneを手に持って遊んでいるのをよく見かけます。

親が使っていた端末を譲り受けたりしてるんでしょうね。

だからこそ余計に子供が簡単に評価をするようになったのが大きな原因かなと思います。

大人になってから「クソゲー」だの評価付けますか?

そんな幼稚なことしますか。しないよ。

別の考察の1つとして集団心理も影響しているともいえます。

例えば30人いる教室で全員に本を読んでもらったとします。

「よかったと思った人は手を上げて」と言うと

周りを気にしつつ手をあげていくと思います。

結果は「よかった」のほうが多いでしょう。

要はオープンな環境では「自分は違うと思われたくない」という思考が働いてしまいます。特に子供に多いですね。自分の意見をもっていても否定されるのが怖かったり、変な目で見られるのが嫌だから発言をしないと言った感情です。

では逆に「よかったか悪かったか1人ずつこっそり教えてください」

こうすると先ほどと結果は異なるでしょう。

周りに流されずに言いたいことをいえますから。

それと良い悪いだけの意見だけでなく、改善点等も発言しやすくなるんじゃないかなとも感じます。

僕が思う最良なレビュー欄

アプリのレビューは星だけ表示して、文言は開発者に送信し、ページ上には表示しないようにしたらもっと有益な結果を生むのではないか?と思ったわけです。

僕個人の意見でどうこうなるわけではありませんが、同じことを思ってくれる人がいたらうれしいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です