WWDC 2014 – リアルタイム更新

スポンサードリンク

出遅れた(´;ω;`)

では、更新していきます!!!

 

CEO登場です!!

最初に見てもらった動画はデベロッパーのためのビデオだそうです。心が温まりますな(´ω`*)

今回は70%以上の人が初めての参加のようですね。僕も行きたい(´・ω・`)

OS XとiOSのお話!

Macの中で10.9が全体のどれだけの人が使われているか表しています。

Windows今回も挑発されてますねw

 

Yosemiteキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

YosemiteではインターフェイスがフラットUIになっており、今までと比べより一層iOSに近付いたと思います。

Dockの部分や、Finderのメニュー上部の半透明は今までの中で一番わかりやすく。明るいメニューだけでなく、ダーク表示も搭載

次にSpotright。スポットライトを使用すると画面中央へ検索ボックスが現れます。

今回のSpotrightはMacだけでなくWebも同時に検索します。

対象はかなり多いですね。

ご飯屋さんや映画の検索もすぐにできます。ほんとiOSです。

通知センターも強化され、今まであまり使用していませんでしたが、非常に見やすくなり使用頻度が増えると思います。

 

新しいサービスiCloud Driveの説明。これはWindowsでも使えます。あぁなんてこったwww

メールでは20MBを超えるデータは送信できませんでした。しかし、iCloud Driveのメールドロップを使用することで容量を気にすることなくメールを使うことが出来ます。

Safariの紹介。こちらは機能改善とバッテリー消費量改善やhtml5などへの対応などなど今回のアップデートは期待できそうです。

 

Safariの新機能として、検索バーに文字を入力することでSafariが推奨サイトを提案してくれます。

 

 

写真を共有する際に手書きでのマークアップや一部分の拡大などを容易にすることが出来ます。

 

AirDropの連携によるさらなる強化

Instant Hotspotによる連携強化

iPhoneで作っていたメールをMacから作業を再開したり、もちろんその逆も可能です。

 

Macから電話をかけることも可能です。例えばiPhoneが別室にあっても電話が出れるってことですね。スゲー・・・

 

 

Yosemiteは無料です( ・´ー・`)どや

今回は開発者へは今日から。一般向けには秋から提供されます。

それと一般向けのベータ版の提供も開始されます。一般向けのベータ版は夏からとなります。

 

iOSの満足度は97%なのですが、なぜみんなこんなに大好きなのでしょう?

デバイスによるアップデートの率を見てみましょう。iOSはほぼ9割の人がiOS7を使用していることになります。

Andoroidは全体の9%しか最新版を使用していません。なんてこった。これは毒だ(´・ω・`)

 

今回はiOS8を紹介します。

まずは通知センターのお話

iOS8では通知センターからの返信が出来るようになりました

メールの新機能です。スワイプすることで返信元を確認することが出来ます。

クレイグ「これは私が大好きな機能だ(`・ω・´)」

次にSpotrightです。今まではiPhoneの中にあるものを検索していましたが、アプリも全て検索して候補を出すことも出来るようになりました。

 

QuickTypeについて。変換予測ですね。

デバイスの中のみで使用主の癖を解析し、次にどの言葉を出すのか予測します。

サーバーは返さないのでプライバシーは完全に守られています。

ではMessageアプリの紹介

音声メッセージの送信や動画の送信などの機能も投稿できるようになりました。

ロック画面からの音声メッセージの再生は、耳に当てるだけで録音開始します。

録音が終わったら送信ボタンを押すだけです。

簡易なのはいいことですね。

 

我々は健康について考えています。

HealthKitやサードパーティのアプリを使用することで健康管理をすることが可能となりました。

 

ファミリーシェアリングについて

 

ファミリーシェアリングでは、様々なことを家族内で共有することが出来るようになりました。

 

デバイスを通して、家族がどこにいるかなど

 

一番いいのはiTunesで購入したものを家族内でシェアできるということ。クレジットカードは全てのアカウントで共通化も可能で、購入許可を得ないと購入できないなど親も安心してデバイスを安心して使わせることが出来ますね。

 

家族内で使用できる数は6人までとなっています。

 

 

写真について

お気に入り機能やクロップしたりなど編集が容易になりました。

Yosemiteでも新しいPhotoアプリを提供する予定です。

ぱっと見ですが、とてもわかりやすく重宝しそうな感じです。

 

5GBが無料で月額0.99ドルから20GBが使用でき、最大で1TBまでのプランがあります。

 

Siriも強化されています。中国語にも対応。

 

 

AppStoreの強化

検索機能を強化し、カテゴリをわかりやすく、各ユーザーのおすすめを表示します。

アプリのバンドル販売も出来るようになります。

これらの機能は秋から提供する予定です。

 

拡張機能としてキーボードのサードパーティ製のインストールが可能となりました。

 

Touch IDでのログイン認証などが使用可能に。

 

こちらは噂されていたHomeKitですね。

簡単な説明しかなかったですが、家にあるものすべてをiPhoneでコントロールできてしまうということらしいです。

Siriに話しかけると車のガレージが閉まり、部屋の電気が消える、鍵が閉まるなどができるということです。

 

iOS8のBeta版は開発者向けには今日から配布します。

 

対応デバイスはこの通りになります。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です